コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大麦パン おおむぎぱん

世界大百科事典内の大麦パンの言及

【パン】より

… 古代ギリシアでは前6世紀前後から発酵パンが焼かれていた。最初は大麦によるものが主であったが,のちには大麦パンは奴隷や兵士の食物となった。ギリシアではドウの発酵を,ブドウのしぼり汁を加えることによって行っていた。…

※「大麦パン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報