コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天御柱命 あめのみはしらのみこと

世界大百科事典内の天御柱命の言及

【竜田祭】より

…朝廷より使いを差遣して祭りを行わせるもので,《延喜式》では4月,7月とも4日に行うと規定した。また同書に載せる〈竜田風神祭祝詞〉によれば,竜田の小野に天御柱(あめのみはしら)命,国御柱命をまつったことを述べ,竜田の神に幣帛をたてまつって,天下公民のつくる稲が悪風,荒水にあわぬよう祈っている。この祭りの初見は,広瀬神社(現,奈良県北葛城郡河合町)で行われる大忌祭(おおいみのまつり)とともに《日本書紀》天武4年(675)4月条に官人を遣わして,風神を竜田の立野に,大忌神を広瀬の河合にまつらしむとあるのがそれで,以後《日本書紀》の巻末まで毎年4月,7月に祭りを行った記録がみえる。…

※「天御柱命」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天御柱命の関連キーワード龍田大社竜田神社竜田大社

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android