天理の公(読み)てんりのこう

世界大百科事典内の天理の公の言及

【公私】より

…このようにすでに先秦のころから公・私は問題にされたが,これが思想上の重大テーマと考えられるようになるのは,何といっても宋代の新儒教=朱子学勃興以後のことである。そこで公・私は〈天理〉と〈人欲〉の対立に組み込まれ,自分一個にかかわる欲望は〈人欲の私〉としてきびしく指弾され,〈天理の公〉(普遍的公共的規範)への復帰が説かれた。仏教もこの立場から,自分だけの救済を求めるとして批判される。…

※「天理の公」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android