コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太氏 おおうじ

世界大百科事典内の太氏の言及

【多氏】より

…日本古代に活躍した氏族。多は太,大,意富,飫富,於保などとも記す。《古事記》《日本書紀》によれば,神武天皇皇子神八井耳命(かむやいみみのみこと)を祖とする。大和国十市郡飫富郷(現,奈良県磯城郡田原本町多)に多氏一族のまつる多神社(多坐弥志理都比古神社)があり,この地を本貫としていたと考えられる。多神社は式内社で,すでに奈良時代中期には多数の神戸(かんべ)を有しており,有力な神社であった。多氏の姓(かばね)は臣(おみ)であったが,一部は684年(天武13)に朝臣(あそん)に改められた。…

※「太氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

太氏の関連キーワードルチアーノジェラート水野純交工藤俊作太安万侶星野焼天満屋

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

太氏の関連情報