太田四郎(読み)おおたしろう

世界大百科事典内の太田四郎の言及

【太田】より

…すでに《常陸国風土記》や《和名抄》の中に久慈郡太田里・大田郷としてあらわれる。平安末期のころ,久慈郡佐竹郷を領有していた常陸介隆義がこの地に移住して太田四郎と称し,その子秀義の時代には《吾妻鏡》の治承4年(1180)11月8日条によれば,頼朝の挙兵に従わなかったためその所領を没収されたが,没収所領の中には常陸国奥七郡などとともに太田もふくまれていたことが判明する。爾来400年佐竹氏はここを居城としていたが,室町時代に一族内紛により太田を追われたこともある。…

※「太田四郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

太田四郎の関連情報