コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥大日岳 おくだいにちだけ

日本の地名がわかる事典の解説

〔富山県〕奥大日岳(おくだいにちだけ)


富山県東部、立山(たてやま)連峰の一峰。剱(つるぎ)岳南方の剱御前(つるぎごぜん)から西に延びる大日尾根に位置する。標高2611m。弥陀ヶ原(みだがはら)から称名(しょうみょう)川の谷越しに雄大な山容を望める。冬季は日本海からの季節風が吹きつけ、尾根筋に日本最大規模の雪庇(せっぴ)をつくることで知られる。中部山岳(ちゅうぶさんがく)国立公園に属する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の奥大日岳の言及

【大日岳】より

…立山連峰の一つで,連峰北部の劔御前(2777m)から室堂乗越(むろどうのつこし)の鞍部を経て西へ伸びる大日尾根の主峰。大日尾根は,東から奥大日岳(2606m),中大日岳,大日岳,早乙女岳(2025m),前大日岳(1779m)の山々からなり,山体はいずれも古生代末から中生代初めの古期花コウ岩類で,奥大日岳北側には階段状のカールがある。この尾根は平安時代からの修験道行者の禅定(ぜんじよう)ルートで,奥大日岳と中大日岳との間などに行者岩屋があり,高山植物が豊富で,劔岳の展望もよい。…

※「奥大日岳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

奥大日岳の関連キーワード大日岳(立山連峰)大日岳・大日嶽弥陀ヶ原大日岳

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android