コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥越 おくえつ

日本の地名がわかる事典の解説

〔福井県〕奥越(おくえつ)


福井県北東部、大野(おおの)盆地と周辺山地の通称。大野市・勝山(かつやま)市のほぼ全域にあたり、福井市辺りの平野部からみて「越前(えちぜん)国の奥」という意味。奥越前(おくえちぜん)とも。奥越高原・九頭竜(くずりゅう)峡・九頭竜湖などの観光地があり、奥越高原県立自然公園に指定されている。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の奥越の言及

【福井[県]】より

…高速交通時代に入って今やその影響力は広く嶺北全域を覆っている。従来,武生市を中心とする嶺北南部と大野・勝山両市を中心とする奥越は独立の地域として扱われてきた。古代の国府の所在地である武生市は中世以降も重要性を持続し,大型ショッピングセンターもできて今も盆地内と南条・今立両郡にかなりの商圏をもつ。…

※「奥越」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

奥越の関連キーワード池田(町)(福井県)六呂瀬山古墳群よもぎ草染勝山(市)六呂師高原福井(県)九頭竜川加越山地伝統野菜奥越高原勝山市経ヶ岳大野市奥越前荒島岳真名川

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奥越の関連情報