コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奸し/姧し/佞し カダマシ

デジタル大辞泉の解説

かだま・し【×奸し/×姧し/×佞し】

[形シク]《動詞「かだ(奸)む」の形容詞化。「かたまし」とも》心がねじけている。性質がすなおでない。
「―・しきもの朝にあって罪ををかす」〈平家・六〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

奸し/姧し/佞しの関連キーワード物部氏シク

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android