学童心理学(読み)がくどうしんりがく

世界大百科事典内の学童心理学の言及

【児童心理学】より

…広義には出生から青年期の開始期(おおむね12,13歳)までの子ども,狭義には小学校在学の子どもを対象とする心理学を指し,学童心理学と呼ばれることもある。感覚,運動,認知,記憶,思考,情緒,社会性などの発達を扱う,発達心理学の一分野である。…

※「学童心理学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android