コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇宙線の強度 うちゅうせんのきょうど

世界大百科事典内の宇宙線の強度の言及

【宇宙線】より

…地下深部では宇宙線強度も弱いので,希少現象の中性微子相互作用の観測もなされている。 一次宇宙線の強度はほぼ等方的であるが,地球上に固定された観測器は地球の回転によって0.5%程度の小変動を示し,これを日変化と呼んでいる。日変化は,太陽風と呼ばれる太陽からのプラズマの流れの中の磁場で,宇宙線の流れが乱されるために起こる宇宙線の非等方性に基づくものである。…

※「宇宙線の強度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宇宙線の強度の関連キーワード宇宙線あらし(嵐)フォーブッシュ減少E. レーゲナー二次宇宙線バースト宇宙線嵐

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android