コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇宙航空研究所 うちゅうこうくうけんきゅうじょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇宙航空研究所
うちゅうこうくうけんきゅうじょ

宇宙科学研究所」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の宇宙航空研究所の言及

【宇宙開発】より

…これは東大生産技術研究所を中心とする文部省および大学関係を中心に組織され,国際地球観測年の後も事業は継続され,ロケットはラムダ,ミューと大型化した。そして64年宇宙科学研究のための全国大学共同利用研究所として宇宙航空研究所が誕生,科学衛星計画を担当することになり,この結果,これまでの観測ロケットはすべてこの研究所が引き継ぎ,新たにミューロケットの開発が始まった。70年2月日本初の人工衛星〈おおすみ〉がラムダ4S型5号機によって打ち上げられ,翌年にはミュー4S型ロケットにより科学衛星の1号〈しんせい〉が打ち上げられて,科学衛星による観測が本格的に始められた。…

※「宇宙航空研究所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

宇宙航空研究所の関連キーワード内之浦宇宙空間観測所宇宙開発史(年表)ロケット(飛行体)たんせい(淡青)ミュー・ロケットラムダ・ロケットミューロケット太陽観測衛星Muロケットたんせい三号たんせい二号たんせい四号曽田 範宗玉木 章夫ISASおおすみ堀越二郎東京大学糸川英夫玉木章夫

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android