宇布見(読み)うぶみ

世界大百科事典内の宇布見の言及

【雄踏[町]】より

…人口1万3956(1995)。浜名湖東岸に位置し,北部は三方原台地の末端,南部は湖岸の低地で宇布見(うぶみ),山崎両集落がある。中世末から製塩が行われ,明治期まで盛んであった。…

※「宇布見」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android