コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇気比神社 うきひじんじゃ

世界大百科事典内の宇気比神社の言及

【浜島[町]】より

…迫子の曹洞宗呑湖(どんこ)院には,1459年(長禄3)北畠氏に滅ぼされた五ヶ所城(南勢町)の城主愛洲(あいす)重明(義明)の墓と伝える五輪塔がある。浜島の宇気比(うきひ)神社の正月行事である盤の魚と弓引神事は著名。大崎半島先端にはミュージック・キャンプ場を中心とした大レジャーセンター〈合歓の郷(ねむのさと)〉がある。…

※「宇気比神社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android