コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇都宮騒動物 うつのみやそうどうもの

世界大百科事典内の宇都宮騒動物の言及

【宇都宮釣天井事件】より

…秀忠が急に宇都宮をたって夜通しの強行軍で江戸城に帰った事実と,この年の10月の秀忠による正純改易や越前北ノ庄(福井)城主松平忠直(翌年隠居,流罪)の謀反のうわさとが結びついて,できあがった巷説と考えられる。【高木 昭作】
[宇都宮騒動物]
 宇都宮釣天井事件を題材としてこれに虚構をとりまぜ,3代将軍徳川家光に当てはめて作られた俗説をもとに潤色した実録本・講談・歌舞伎狂言などの総称。秀忠の家督相続を家光と争って敗れた駿河大納言忠長の後見役である宇都宮城主本多上野介正純は,家光に恨みを抱いた。…

※「宇都宮騒動物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone