コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安南国 あんなんこく

世界大百科事典内の安南国の言及

【アンナン】より

…安南の呼称はこの都護府の名に由来する。10世紀のベトナム独立後も中国は19世紀にいたるまで安南国と呼びつづけ,周辺諸国もこれにならった。16世紀以降では絹と陶器の産地である北部ベトナムがアンナンとして,日本,ヨーロッパに知られた。…

※「安南国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

安南国の関連キーワード大越(ベトナムの国号)茶屋四郎次郎(3代)明の時代(年表)大沢四郎右衛門西村太郎右衛門角屋七郎次郎角屋七郎兵衛長久保赤水平野藤次郎荒木宗太郎末吉長方角倉素庵角倉了以アンナン広南国李晬光角倉船交趾レ朝

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安南国の関連情報