安曇川町船木(読み)あどがわまちふなき

世界大百科事典内の安曇川町船木の言及

【船木関】より

…近江国安曇(あど)川の河口,現滋賀県高島郡安曇川町船木と,琵琶湖東岸の現近江八幡市船木に設けられた湖上関。1382年(弘和2∥永徳2)臨川(りんせん)寺領加賀国大野荘年貢の運送を〈江州湖上舟木浜関所〉が留めおいたため,関務(関所の役人)に触れて勘過(調査して通過させること)を幕府が命じている。…

※「安曇川町船木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android