コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安比高原 アッピコウゲン

日本の地名がわかる事典の解説

〔岩手県〕安比高原(あっぴこうげん)


岩手県八幡平(はちまんたい)市中部、八幡平火山群の北東に位置する前森(まえもり)山(標高1305m)北東麓(ほくとうろく)一帯をいう。火山性土壌荒地が広がっていたが、第二次世界大戦後に引き揚げ者が入植し牧畜を開業。昭和30年代から観光開発が進められ、地名として定着。安比高原スキー場が知られ、テニス・乗馬・ゴルフなど通年型のリゾートとしても人気が高まる。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

安比高原の関連キーワード加森観光(本社・札幌市)岩手県八幡平市安比高原岩手県八幡平市佐々木麻美當麻創太花輪線北東安代東部

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安比高原の関連情報