コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安比高原 アッピコウゲン

2件 の用語解説(安比高原の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あっぴ‐こうげん〔‐カウゲン〕【安比高原】

岩手県北西部、八幡平(はちまんたい)東部に位置する高原。キャンプ場スキー場などがある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔岩手県〕安比高原(あっぴこうげん)


岩手県八幡平(はちまんたい)市中部、八幡平火山群の北東に位置する前森(まえもり)山(標高1305m)北東麓(ほくとうろく)一帯をいう。火山性土壌の荒地が広がっていたが、第二次世界大戦後に引き揚げ者が入植し牧畜を開業。昭和30年代から観光開発が進められ、地名として定着。安比高原スキー場が知られ、テニス・乗馬・ゴルフなど通年型のリゾートとしても人気が高まる。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安比高原の関連情報