コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八幡平 はちまんたい

7件 の用語解説(八幡平の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八幡平
はちまんたい

岩手,秋田両県境北部一帯の高原。狭義には,八幡平頂上 (1613m) を中心に,畚 (もっこ) 岳 (1578m) ,茶臼岳 (1578m) を含む範囲と玉川の支流の湯田又川流域を含む。広義には駒ヶ岳 (1637m) ,岩手山 (2041m) を含めることもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はちまんたい【八幡平】

岩手県北西部にある市。安比(あっぴ)高原・八幡平などのスキー場、藤七・松川・御在所などの温泉がある観光保養地。ホウレンソウの栽培が盛ん。平成17年(2005)9月に西根町・松尾村・安代(あしろ)町が合併して成立。人口2.9万(2010)。
岩手・秋田両県にまたがる火山。高原状をなし、標高1614メートル。十和田八幡平国立公園の主要地。温泉・スキー場が多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

八幡平【はちまんたい】

秋田・岩手県境の奥羽山脈上の活火山安山岩からなり,頂上(1613m)付近は楯(たて)状の広い火山高原を呈し,アオモリトドマツの林や高山植物が生育,八幡沼,釜沼などがある。
→関連項目田沢湖[町]日本百名山

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はちまんたい【八幡平】

秋田・岩手両県の北部県境に広がる火山性高原。十和田八幡平国立公園に属する。狭義には高原中央にある最高峰楯状火山(1614m)をいい,広義には東の茶臼岳(1578m),西の栂森(つがもり)(1350m),焼山(1366m),南の畚(もつこ)岳(1578m),大深岳(1541m)を結ぶ連峰およびその周辺地域を含む。おもに輝石安山岩の厚い溶岩流と火山灰層からなり,主峰の山頂部は約1.5km2にわたって平たんな台地状をなし,付近には八幡沼や蟇(がま)沼などの湖沼が点在し,これらをとりまいて広大な高層湿原が展開している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はちまんたい【八幡平】

秋田・岩手の県境にある火山群。または、その主峰の楯状たてじよう火山。海抜1614メートル。ブナ・アオモリトドマツの樹海があり、八幡沼・蟇沼がまぬま周辺には湿原が広がる。十和田八幡平国立公園の一中心。
岩手県北西部の市。西部は、南部には岩手富士とよばれる岩手山(海抜二〇三八メートル)がそびえ、スキー場、温泉で知られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔岩手県(秋田県)〕八幡平(はちまんたい)


岩手・秋田県境に広がる高原状の火山性台地。奥羽(おうう)山脈沿いに噴出した茶臼(ちゃうす)岳・焼(やけ)山・源太ヶ(げんたが)岳・畚(もっこ)岳などの火山群とその噴出物によって形成された台地一帯をいう。狭義には台地の北西部にある成層火山(標高1613m)をさす。深田久弥(ふかだきゅう)「日本百名山」の一つ。高原全域がアオモリトドマツの原生林におおわれ、八幡沼・ガマ沼付近の湿原にはミズバショウほかの湿生植物、西部の毛(もう)せん峠付近にはガンコウランなどの群落が見られる。周辺には八幡平温泉郷・東八幡平温泉郷ほか温泉が多数あり、ドライブ・スキー・自然探勝の宿泊基地となる。西麓(せいろく)の秋田県側のトロコ温泉から岩手県側の東八幡平温泉郷まで観光道路の八幡平アスピーテライン・樹海ラインが走る。十和田(とわだ)八幡平国立公園の中心の一つ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八幡平
はちまんたい

秋田・岩手県境に広がる楯(たて)状火山。狭義の八幡平は標高1613メートルの八幡平頂上、八幡平山頂とよばれる地であるが、広義には八幡平頂上の東方にある茶臼(ちゃうす)岳(1578メートル)、西方の焼(やけ)山(1366メートル)などの火山群を含む高原状の山地をさす。標高600メートルではブナ林が多いが、1000メートルを超えるとアオモリトドマツ(オオシラビソ)の樹海となる。地形が平坦(へいたん)で季節風を遮るものがないので、アオモリトドマツの生育は悪く扁形(へんけい)している。八幡平頂上の東方には火口湖の八幡沼、ガマ沼など小沼が多く、周辺は湿原となっている。ミズバショウ、シラネアオイなどがみられる。焼山とその東方の栂森(つがもり)の間の毛氈峠(もうせんとうげ)付近にはガンコウラン、コケモモなどの植物群落がみられる。
 八幡平頂上からの展望は雄大で、岩手山、駒ヶ岳(こまがたけ)などを望むことができる。道路八幡平アスピーテライン(冬期は通行止)が東西方向に通じ、高原の探勝は比較的容易。藤七(とうしち)、後生掛(ごしょがけ)、トロコなど八幡平温泉郷があり、これらの温泉を基地とする春スキーのツアーを楽しむことができる。なお、冬期には積雪5メートルを超え、樹氷が生じる。十和田(とわだ)八幡平国立公園の一中心である。[宮崎禮次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八幡平の関連キーワード平庭高原妙高高原生駒高原種山ヶ原八幡沼斑尾高原内火山性構造火山性堆積物蛭ヶ野高原鏡ヶ成

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

八幡平の関連情報