コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安積開墾 あさかかいこん

世界大百科事典内の安積開墾の言及

【士族授産】より

…これによって政府は,福島県安積原の士族入植による国営開墾事業や,士族授産の勧業資金貸下げによる開墾,製糸,紡織,製陶,マッチ製造,牧畜,製茶,セメント製造などの助成を行った。このうち安積開墾は,猪苗代湖から安積の原野に水路を開き,旧久留米藩士族など十数藩士族487戸を入植させ,1300町余を貸し下げ,うち396町を開墾したものであった(1884現在)。また勧業資金貸下げは約200万円,対象となった士族は推定7万6000戸に達した。…

※「安積開墾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android