コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安衛法 アンエイホウ

世界大百科事典内の安衛法の言及

【労働安全衛生】より

…【斉藤 一】
[労働安全衛生法]
 職場の労働者の危害を防止し安全衛生の確保に努めることは,事業者(使用者)の当然の責任であるが,事業者の自発的努力に待つだけでは十分でないので,事業者に対して法律上の安全衛生義務を課し,行政監督・取締りによってその確実な実施を図っている。以前は労働基準法(1947公布)に若干の安全衛生関係規定があったが,1950年代後半からの高度経済成長に伴う産業社会の進展とも関連して,労働災害のエネルギーの潜在的・飛躍的増大に対処するため,労働安全衛生法(安衛法と略。1972公布)を中心に関係法令が整備された。…

※「安衛法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android