コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安部重兵衛 あべじゅうべえ

世界大百科事典内の安部重兵衛の言及

【阿波しじら】より

…阿波しじらは江戸時代末に安宅村(現,徳島市内)の海部ハナが雨に濡れてできた縮みじわからヒントを得て,くふう,改良を重ねて作りだしたと伝える。ハナの開発したこの織物は太物(ふともの)問屋安部重兵衛によって,〈タタエ縞〉と名づけられて販売された。予想以上の売行きを示し,1869年(明治2)重兵衛はこれを〈阿波しじら〉と命名,さらに織布技術の改良を重ね,今日の素地を確立したという。…

※「安部重兵衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

安部重兵衛の関連キーワード阿波しじら海部ハナ