完全雇用政策(読み)かんぜんこようせいさく

世界大百科事典内の完全雇用政策の言及

【雇用政策】より


[失業政策から雇用政策への転換]
 以上の失業に対する政策提案は自由放任経済のもとでの完全雇用を前提とし,労働市場における不完全性を除去し,および均衡過程に到達する間の調整過程で発生する失業者を事後的に救済する過去の政策とは,政府が財政金融政策(フィスカル・ポリシー)によって総有効需要を調整し,失業の減少,雇用の増大,維持を可能にすることを含意している点で基本的に違っており,失業政策から雇用政策への転換だといってよい。以上の意味での完全雇用の達成と維持を第2次大戦後の政府の政策目標とすべきであるとし,完全雇用政策の名を高からしめたのは,W.H.ベバリッジの〈自由社会における完全雇用〉(1944)と題する報告であり,大戦後先進工業国はいずれも完全雇用の達成を政府の経済社会政策の中心目標の一つに据えることになった。
[失業率と物価上昇率間のトレードオフ関係]
 こうして,1950‐60年代には,先進工業国では,世界的好況のせいもあって,完全雇用に近い状態が実現したといわれるが,この間物価水準が上昇し,雇用水準の維持という政策目標と物価安定という政策目標との間にトレードオフ(二律背反)の関係がみられ,注目されることになった。…

※「完全雇用政策」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android