コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

完全飢餓 かんぜんきが

世界大百科事典内の完全飢餓の言及

【餓死】より

…このような状態を飢餓hunger(starvation)といい,それによる死を飢餓死または餓死という。飢餓には食物をまったく摂取しない完全飢餓(水だけ摂取する場合を含む)と栄養の不足または失調による不完全飢餓があり,完全飢餓では,初期のエネルギー補給は筋肉や肝臓に蓄えられているグリコーゲンで行われるが,グリコーゲン消費後も脂肪によって持続的なエネルギーの補給が行われ,ついにはタンパク質も分解される。最初の1,2日著しい空腹感があるが,その後この症状は消え,口渇,胃部圧迫感,めまいを訴え,皮膚は乾燥状で両眼は陥没,舌も乾燥状で赤変し,アセトン臭を発し,体力も精神機能も衰え,譫妄(せんもう),幻覚がおこり,昏睡に陥り自家中毒,アシドーシス,脱水症などが原因で死亡する。…

※「完全飢餓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone