コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宛州 えんしゅう

世界大百科事典内の宛州の言及

【南陽】より

…一方,豪族による大土地所有が進み,後漢の光武帝は南陽豪族の出身であり,それらの推戴を受けた。後漢時代に襄陽郡(襄樊(じようはん))が分置され,隋代に郡を廃し,唐代に宛州,元以後は南陽府となった。【狩野 直禎】。…

※「宛州」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android