コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宛帯 あておび

世界大百科事典内の宛帯の言及

【帯】より

…石帯とは革帯が変化し形式化されたもので,平緒は太刀を佩用(はいよう)するための帯であった。公卿の平服である直衣(のうし)や狩衣(かりぎぬ),水干(すいかん),白張(はくちよう)などには共布(ともぎれ)の3寸幅の宛帯(あておび)が用いられた。 近世になってから,武士も庶民も日常小袖を着用するようになり,女性の場合と同様,男帯も機能だけでなく,装飾性をもあわせもったものに発達した。…

※「宛帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

宛帯の関連キーワード腰帯