コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実高 じつだか

世界大百科事典内の実高の言及

【打歩(内歩)】より

…(1)江戸時代の土地用語。土地の実際の丈量反別(面積)をいい,実際の石高を内高,実高といった。これに対して検地帳面記載の公式の反別を表歩,石高を表高といった。…

※「実高」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

実高の関連キーワード吉田藩(三河国)アルチメーター旧広島市下中町就実高等学校打歩(内歩)徳島(県)赤沢 乾一国富友次郎平瀬智行柳沢吉保森重真人鉢かづき赤沢乾一有森裕子黒羽藩松江藩人吉藩王貞治弘前藩熊本藩

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

実高の関連情報