コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

客観音楽 きゃっかんおんがく

世界大百科事典内の客観音楽の言及

【現代音楽】より

…第1期に〈民族主義〉の方向を打ち出したバルトークも,古典的な形式感による音楽を書いた。このように両大戦間の音楽は,〈客観音楽〉や〈純粋音楽〉などのモットーに典型的に示されているように,客観的・抽象的・数理的な音の秩序を追求している。第2期の代表的な作品としては,ベルクのオペラ《ウォツェック》(1922),シェーンベルクの《管弦楽のための変奏曲》(1928),ヒンデミットの交響曲《画家マティス》(1934),オネゲルの劇的オラトリオ《火刑台上のジャンヌ・ダルク》(1935),バルトークの《弦楽器・打楽器・チェレスタのための音楽》(1936)などがある。…

※「客観音楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone