コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寂超 じゃくちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寂超
じゃくちょう

藤原為経」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の寂超の言及

【大原の三寂】より

…平安末期,藤原為忠の子藤原為業藤原為経藤原頼業の三兄弟の称。三者は官仕を辞して出家し,それぞれ寂念・寂超・寂然と称し,歌人として活躍,のち三寂と称せられた。寂超・寂然は大原に住んだが,寂念が大原に住んだ証はなく,父の別荘のあった地にちなみ常磐の三寂と呼ぶほうがよいとする説もある。…

【藤原為経】より

…初名盛忠。法名寂超。大原の三寂(常磐(ときわ)の三寂)の一人。…

※「寂超」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

寂超の関連キーワード大原の三寂詞花和歌集藤原定家藤原隆信唯心房集藤原為忠常磐三寂藤原為業藤原頼業寂然西行今鏡

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android