コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原為経 ふじわらのためつね

4件 の用語解説(藤原為経の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原為経
ふじわらのためつね

平安時代後期の歌人。丹後守為忠の子。初め盛忠といった。長門守従五位上。康治2 (1143) 年出家し,法名,寂超。兄為業 (ためなり。寂念) ,頼業 (寂然) とともに大原に住み,あわせて常磐三寂 (ときわのさんじゃく) ,また大原三寂と呼ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原為経 ふじわらの-ためつね

?-? 平安時代後期の歌人。
藤原為忠の子。母は橘大夫の娘。長門守(ながとのかみ),皇后宮少進。康治(こうじ)2年(1143)出家して寂超と称し,兄為業(ためなり)(寂念),弟頼業(寂然)とともに常磐三寂(ときわのさんじゃく)とよばれた。歌は「千載和歌集」以下の勅撰集に十数首はいっている。私撰集に「後葉(ごよう)和歌集」。「今鏡」の作者ともみられている。永久(1113-18)の初年に生まれ,寿永2年(1183)前後まで生存。美福門院加賀とのあいだに1子藤原隆信がある。初名は盛忠。
【格言など】久かたの月ゆゑにやは恋ひそめしながむればまづぬるるそでかな(「千載和歌集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原為経

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:永久3頃(1115)
平安時代の歌人。常盤丹後守為忠の3男。母は橘大夫(俊宗か)の娘(なつとも)。本名は盛忠。美福門院加賀(のちに藤原俊成に再嫁し,定家を生む)との間に似絵作者で歌人でもある隆信をもうけるが,康治2(1143)年官位も妻子も捨てて出家した。法名を寂超と名乗り,兄弟の為業(寂念),頼業(寂然)と共に常盤三寂(大原三寂)と呼ばれた。父為忠の主催する2度の歌合に出詠。西行とも交流があった。また『詞花集』を非難して,『後葉集』を選んだ。『今鏡』の作者ともいわれる。しみじみとした寂寥感のなかに落ち着きの感じられる作風。<参考文献>井上宗雄『増補版・平安後期歌人伝の研究』

(谷知子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのためつね【藤原為経】

平安末期の歌人。生没年不詳。1115年(永久3)ころ生まれ,87年(文治3)には生存か。初名盛忠。法名寂超。大原の三寂(常磐(ときわ)の三寂)の一人。為忠の子。勅撰集には《千載集》に初出。蔵人,長門守,皇后宮少進などを経て1143年(康治2)出家,比叡山に登った。大原の縁忍から止観を習う。1134‐35年ころの父為忠家両度百首に加わり,56‐57年ころ私撰集《後葉和歌集》を編む。70年の住吉社歌合などに出席することもあったが,多くは隠遁(いんとん)生活を送った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤原為経の関連キーワード藤原為世寂然藤原為定藤原為業藤原実子(1)藤原為隆藤原為忠藤原長実母藤原道経隆源(1)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone