コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士山静岡空港 ふじさんしずおかくうこう Mt.Fuji Shizuoka Airport

2件 の用語解説(富士山静岡空港の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

富士山静岡空港

静岡県の島田・牧之原の両市にまたがる丘陵地に建設された地方空港。空港法上は「地方的な航空運送の確保」を目的とし、地方公共団体(静岡県)が設置・管理する第3種空港だが、経営は民間企業の出資で設立された富士山静岡空港株式会社が担う。総事業費は約1900億円、管理面積は約190ha。現在、多くの地方空港は経営難にあり、政府の空港整備計画も見直されているため、全国98番目となる本空港は「最後の地方空港」と見られている。
この地に建設が確定したのは1987年。「一県一空港」をめざす国の方針と静岡県の要望が合致し、第6次空港整備5カ年計画(91~95年)によって、97年に着工した。しかし、静岡県は東海道新幹線東名高速道路が通り、予定地も中部国際空港に2時間程度でアクセスでき、また羽田空港との競合も避けられないため、当初から需要や採算性を疑問視する声が強かった。地元の反対運動に加えて、着工後、絶滅危惧(きぐ)種のオオタカの営巣が発見されるなど、建設はしばしば中断。さらに完成を間近に控えた2008年9月には、滑走路付近の私有地に航空法の制限を超える高さの立ち木があることが分かり、09年3月の開港予定は延びた。土地収用時の調査の際、県が正確な測量を怠ったことが原因である。これにより、2500mの滑走路も2200mに短縮されるなど、度重なる県の失策に石川嘉延知事の責任が問われた。県は地権者に立ち木の伐採を求めたが、地権者は知事の辞任が伐採の条件と主張。
最後は知事が辞職表明し、県と地権者によって179本の立木が伐採された。
09年6月4日の開港時には、国内6路線(札幌・小松・福岡・熊本・鹿児島・沖縄)、国外2路線(ソウル・上海)の定期便が就航。開港にともない、県は観光客の誘致に力を入れている。また09年5月に富士市・富士宮市御殿場市・裾野市・小山町・芝川町が、観光振興を目的とした「富士山ネットワーク会議」を発足させるなど、とりわけ県東部で開港特需への期待が高まっている。

(大迫秀樹 フリー編集者 / 2009年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふじさんしずおか‐くうこう〔フジサンしづをかクウカウ〕【富士山静岡空港】

静岡空港の愛称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富士山静岡空港の関連キーワード静岡県牧之原市大江静岡県牧之原市男神静岡県牧之原市勝田静岡県牧之原市勝俣静岡県島田市金谷静岡県牧之原市嶋静岡県牧之原市中静岡県牧之原市西萩間静岡県島田市牧之原静岡県牧之原市牧之原

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

富士山静岡空港の関連情報