富川房信(読み)とみかわ ふさのぶ

朝日日本歴史人物事典の解説

富川房信

生年:生没年不詳
江戸中期の浮世絵師,戯作者。山本氏,俗称九左(右)衛門,吟雪と号した。江戸大伝馬町の地本問屋丸屋の主人だったが,家運が傾き,安永年間(1772~81)に廃業したと伝えられる。宝暦期(1751~64)に細判紅摺絵を残したほか,宝暦10年から安永6年ごろまで黒本青本を中心に200種に余る本に挿絵を描いた。

(浅野秀剛)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android