コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田越後守 とだ えちごのかみ

2件 の用語解説(富田越後守の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田越後守 とだ-えちごのかみ

富田重政(とだ-しげまさ)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

富田越後守

没年:寛永2.4.19(1625.5.25)
生年:永禄7(1564)
安土桃山・江戸前期の武将,剣客。名は重政。前田利家の家臣山崎景邦の3男で,のち中条流を祖流とする富田流剣術の始祖富田景政の養子となり,自らも名を景政ともいった。通称与六郎,六左衛門,さらに治部左衛門,大炊と称し,慶長1(1596)年,従五位下・下野守に叙任,のち越後守と改め,「名人越後」といわれた。養父景政から剣を習い,前田利家,利長,利常の3代に仕え,特に天正12(1584)年の能登国末森の戦,同18年の小田原攻めのときの八王子城の戦で戦功をあげ,関ケ原の戦,大坂の陣にも参陣した。

(小和田哲男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone