コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田越後守 とだ えちごのかみ

2件 の用語解説(富田越後守の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田越後守 とだ-えちごのかみ

富田重政(とだ-しげまさ)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

富田越後守

没年:寛永2.4.19(1625.5.25)
生年:永禄7(1564)
安土桃山・江戸前期の武将,剣客。名は重政。前田利家の家臣山崎景邦の3男で,のち中条流を祖流とする富田流剣術の始祖富田景政の養子となり,自らも名を景政ともいった。通称与六郎,六左衛門,さらに治部左衛門,大炊と称し,慶長1(1596)年,従五位下・下野守に叙任,のち越後守と改め,「名人越後」といわれた。養父景政から剣を習い,前田利家,利長,利常の3代に仕え,特に天正12(1584)年の能登国末森の戦,同18年の小田原攻めのときの八王子城の戦で戦功をあげ,関ケ原の戦,大坂の陣にも参陣した。

(小和田哲男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富田越後守の関連キーワード石川康長今城為親織田有楽佐久間正勝清韓文英岡島右近牧興相山岡如軒酒井貞月弘尊

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone