コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田重政 とだ しげまさ

2件 の用語解説(富田重政の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田重政 とだ-しげまさ

1564-1625 織豊-江戸時代前期の武将,剣術家。
永禄(えいろく)7年生まれ。富田景政(かげまさ)の養子となり,富田流宗家をつぐ。前田利家・利長につかえて戦功をかさね,下野守(しもつけのかみ),のち越後守(えちごのかみ)となる。1万3670石。名人越後とよばれた。寛永2年4月19日死去。62歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。本姓は山崎。通称は与六郎,六左衛門,治部左衛門,大炊。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富田重政
とだしげまさ
(1564―1625)

戦国時代の武将、剣術家。富田流の確立者。越前(えちぜん)(福井県)の生まれ。初名山崎与六郎、のち六左衛門。幼少から父山崎与三兵衛景邦(よそうべえかげくに)について中条(ちゅうじょう)流を習い、12歳のとき前田利家(としいえ)に召し出されて近侍となり、1584年(天正12)、末森(石川県羽咋(はくい)郡宝達志水(ほうだつしみず)町)の合戦で一番槍(やり)の功をたて、望まれて七尾(ななお)城代富田治部左衛門景政(かげまさ)の女婿となり、富田姓とともに富田流の道統を継いだ。その後数々の合戦に武功を重ね、1596年(慶長1)従(じゅ)五位下、下野守(しもつけのかみ)に任じ、ついで越後(えちご)守と改め、1601年には増禄(ぞうろく)して1万3500余石に達した。ついで大坂の陣には前田の武将として活躍し、甲首(こうしゅ)19をあげた。将軍秀忠(ひでただ)の召命により剣術について言上し、名を四海に現し名人越後とよばれた。重政に3子あり、長子重家(しげいえ)、三男宗高(むねたか)は20代で早世し、次男重康(しげやす)は中風を患い42歳で世を去り、その1子重次(しげつぐ)も16歳で夭折(ようせつ)し、富田家の正統は絶え、富田流も急激に衰退した。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富田重政の関連キーワード福王盛義生駒利勝笠原重次神尾織部順専正玄正山雪林等木古田斎宮(初代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone