コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛文美人(読み)かんもんびじん

世界大百科事典内の寛文美人の言及

【役者絵】より

…特定の人気のある役者をモデルとする場合が多く,現代のブロマイドと同様熱狂的なファンの要求にこたえて大量に制作,販売された。そのもっとも早期の例は,寛文期(1661‐73)を中心として流行した肉筆の一人立(ひとりだち)人物画像,いわゆる〈寛文美人〉の中に見いだされ,《右近源左衛門像》(東京国立博物館)などの作例が伝わる。江戸における浮世絵の成立とともに,役者絵の主たる表現手段は肉筆画から版画へと移り,元禄期(1688‐1704)以降,美人画とともに浮世絵の中核をなすレパートリーとして定着していく。…

※「寛文美人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android