コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寸松庵 すんしょうあん

世界大百科事典内の寸松庵の言及

【寸松庵色紙】より

…ただし,色紙といっても後世のいわゆる色紙とは違い,升形両面書写の冊子本をばらし,かつ表裏剝ぎ分けたものである。茶人佐久間将監真勝(さねかつ)(1570‐1642)がこれを愛蔵したので,彼が大徳寺に設けた茶室寸松庵にちなんでその名がついた。なお,それ以前には堺の南宗寺にあったという。…

※「寸松庵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

寸松庵の関連キーワード佐久間真勝古今和歌集散らし書き寸松庵色紙近衛家煕翠巌宗珉本阿弥切江月宗玩継色紙大徳寺升色紙紀貫之三色紙色紙

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寸松庵の関連情報