コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺参り テラマイリ

デジタル大辞泉の解説

てら‐まいり〔‐まゐり〕【寺参り】

[名](スル)寺に行き、を拝んだり、説教を聞いたりすること。てらもうで。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てらまいり【寺参り】

寺院に出かけ、法会ほうえ・墓参・参拝などを行うこと。てらもうで。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

寺参りの関連キーワード野草一味庵 美山荘笑福亭松喬(6代)湯田中[温泉]死霊(しれい)千個寺・千箇寺石川六兵衛金毘羅信仰布引観音盂蘭盆会釈尊寺御百度法の杖重阪峠角隠し千箇寺二番草寺詣で善光寺仏参り寺院

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寺参りの関連情報