専用コンピューター(読み)せんようこんぴゅーたー(英語表記)special‐purpose computer

知恵蔵「専用コンピューター」の解説

専用コンピューター

用途を限定することで、高速かつ高効率の処理を実現しているコンピューターえば、画像や信号を高速処理して表示するグラフィック・コンピューター、ゲームと一体化した動画処理とヒューマン・インターフェースをもつゲームマシンなどの例がある。

(星野力 筑波大学名誉教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

世界大百科事典内の専用コンピューターの言及

【コンピューター】より

… 狭義の非ノイマン型コンピューターの代表的なものは,シーケンサーがプログラムの実行を逐次制御するのではなく,演算に必要なデータがそろうと演算が行われるというモデルに基づくデータフローコンピューターや,神経回路網をモデルにしたニューラルコンピューターなどである。
[可用性による分類]
 コンピューターを特定の用途向けに設計したときは専用コンピューターと呼ぶ。たとえば,画像処理専用,音の信号処理専用,非数値的処理すなわち記号処理専用などの例がある。…

※「専用コンピューター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android