コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小カロリー ショウカロリー

デジタル大辞泉の解説

しょう‐カロリー〔セウ‐〕【小カロリー】

カロリー1

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の小カロリーの言及

【栄養】より

ビタミン
【カロリーと栄養所要量】
 栄養素のエネルギー量は普通熱量の単位で表され,カロリー(大カロリー)が用いられる。すなわち1kgの水を1℃だけ温度を上げるのに要する熱量が1Calで,物理学でいうカロリー(小カロリー)の1000倍,1kcalに相当する。栄養素が体内で燃焼するときに生ずる熱量をカロリーで示せば,1g当り炭水化物とタンパク質ではそれぞれ約4Cal,脂肪では約9Calである。…

※「小カロリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android