コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小串範行(読み)おぐしのりゆき

世界大百科事典内の小串範行の言及

【小串氏】より

…鎌倉中期には近江国檜物荘地頭,末期には北条庶族常葉範貞の家臣となり,六波羅探題の検断頭人として,あるいは播磨などの守護代として権力をふるう。正中の変(1324)では,小串範行が多治見国長(後醍醐天皇方)を攻め自殺させた。また六波羅に仕えた小串範秀の和歌は《玉葉和歌集》《続千載和歌集》などに採られている。…

※「小串範行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android