小倉付(読み)おぐらずけ

精選版 日本国語大辞典の解説

おぐら‐づけ をぐら‥【小倉付】

〘名〙 雑俳冠付(かむりづけ)の一種。小倉百人一首の和歌の五文字を上五において課題とし、これに中七、下五を付けて一句とするもの。その変種として、小倉百人一首の七文字を中において課題とし、これに上五、下五をつける沓冠付(くつかむりづけ)もある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の小倉付の言及

【笠付】より

…前句付に次ぐ雑俳の主要様式として,人情風俗を詠み,とくに上方で流行した。笠付からは,題の5文字を《小倉百人一首》から取る〈小倉付〉,付句を5音にした〈五文字〉,下五を題とする〈沓(くつ)付〉,中にもじりを入れる〈もじり〉,句を連続させる〈笠段々〉などの諸様式が派生した。〈骨折て・明智は天下たゞ三日〉(《住吉躍》),〈憎い事・妾の面ざし有る捨子〉(《冠付かゞみ磨》)。…

※「小倉付」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小倉付の関連情報