小坂 芝田(読み)コサカ シデン

20世紀日本人名事典の解説

明治・大正期の日本画家



生年
明治5年1月1日(1872年)

没年
大正6(1917)年9月5日

出生地
長野県伊那郡小沢

本名
小坂 為治郎

別名
号=寒松居,天恩居

経歴
初め小室屈山に漢詩、丸山山外に南画を学ぶ。明治21年児玉果亭に入門、画塾竹仙山房で南画と書を学んだ。23年上京し、いとこの中村不折と同居する。浪速画会共進会、日本美術協会、日本画会などに出品し、受賞を重ねた。39年山岡米華らと日本南宗画会を創立し、文展開設に際し、正派同志会に参加。41年文展に「深遠」が3等賞を受賞、以後42年「山雨欲来」、43年「深秋」、44年「渓山積翠」がともに褒状、大正元年「秋爽」、2年「 」が2等賞となり、山水画秀作を残した。この間、明治28年奥州を遊歴して「遊奥画存」を制作、35年には有明山神社神楽殿天井画を描く。44年画塾積翠山房を開き、後進の指導にあたった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android