後進(読み)こうしん

精選版 日本国語大辞典「後進」の解説

こう‐しん【後進】

〘名〙
① 前の人がたどった道筋を、後から進むこと。また、自分の後ろから同じ学問・技芸・職務などの道を歩んでいる人。後輩。⇔先進
※続日本紀‐養老二年(718)一〇月庚午「有請益無倦継踵於師、材堪後進之領袖
※授業編(1783)四「後進(コウシン)をよく奨誘して俗に云弟子の世話をよくする」 〔論語‐先進〕
② ものの程度や進歩の度合が遅れていること。⇔先進
※抒情詩(1897)独歩吟〈国木田独歩〉序「余は作詩の上に於て極めて後進なるが故に」
③ 乗物などが後ろへ進むこと。後退。背進。⇔前進
※春の城(1952)〈阿川弘之〉二「駆逐艦は後進を掛けるのが見え」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「後進」の解説

こう‐しん【後進】

[名](スル)
学問・技芸など、先人のたどった道をあとから進むこと。また、その人。後輩。「後進を指導する」⇔先進
車や船などが後ろへ動くこと。後退。「車を後進させる」⇔前進
[類語](1後輩後学/(2逆行逆流逆走あと戻りあとずさり逆戻り後退退歩退行遡行後ろ向き

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「後進」の解説

【後進】こうしん

後学。後輩。〔後漢書、孔融伝〕性容にして忌少なく、を好み、喜(この)んで後を誘す。閑くにび、賓客日其のに盈つ。

字通「後」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android