後進(読み)こうしん

精選版 日本国語大辞典「後進」の解説

こう‐しん【後進】

〘名〙
① 前の人がたどった道筋を、後から進むこと。また、自分の後ろから同じ学問・技芸・職務などの道を歩んでいる人。後輩。⇔先進
※続日本紀‐養老二年(718)一〇月庚午「有請益無倦継踵於師、材堪後進之領袖
※授業編(1783)四「後進(コウシン)をよく奨誘して俗に云弟子の世話をよくする」 〔論語‐先進〕
② ものの程度や進歩の度合が遅れていること。⇔先進
※抒情詩(1897)独歩吟〈国木田独歩〉序「余は作詩の上に於て極めて後進なるが故に」
③ 乗物などが後ろへ進むこと。後退。背進。⇔前進
※春の城(1952)〈阿川弘之〉二「駆逐艦は後進を掛けるのが見え」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「後進」の解説

こう‐しん【後進】

[名](スル)
学問・技芸など、先人のたどった道をあとから進むこと。また、その人。後輩。「後進を指導する」⇔先進
車や船などが後ろへ動くこと。後退。「車を後進させる」⇔前進

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android