小堀常春(読み)こぼり つねはる

朝日日本歴史人物事典の解説

小堀常春

没年:明和8(1771)
生年:元禄13(1700)
江戸中期の水泳小堀流初代。熊本藩士村岡伊太夫の次男。伯父小堀茂竹の養子となる。35歳で藩の水泳師範。はじめ踏水術といい,のち小堀流を称した。実父伊太夫は藩祖細川忠利以来奨励された水泳の師範だった。小堀流は常春が大成したため初代の名を得た。その著『踏水訣』『水練百合点』などは水泳書中最古のもの。特技は立ち泳ぎである。『踏水訣』には31カ条の注意があり,水に慣れる,足のつったときの直し方,遠泳法,物を持っているときの泳法など,基本から応用までがほとんど網羅されている。明治以後,武徳会遊泳術の主流となり,今日の泳法にも大きく寄与している。

(杉田幸三)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android