コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小堀長順 こぼり ちょうじゅん

1件 の用語解説(小堀長順の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小堀長順 こぼり-ちょうじゅん

1700-1771 江戸時代中期の武士。
元禄(げんろく)13年生まれ。肥後熊本藩士。養父の肥後古流小堀家2代長斎に茶法をまなび,3代をつぐ。藩の茶道方をつとめ,「茗理(みょうり)正伝」をあらわす。また実父村岡伊太夫に泳ぎをならい,宝暦6年(1756)日本最古の水泳書「踏水訣(けつ)」などをかき,小堀流踏水術をひらいた。明和8年10月12日死去。72歳。名は常春。別号に東渓。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の小堀長順の言及

【水泳】より

…(6)水任流 17世紀中ごろ高松藩主松平頼重が今泉八太夫に命じ,水戸の技法を讃岐に合わせて改良したもので,特殊なさかさあおり足を用いる。(7)小堀流 1714年(正徳4)熊本の村岡伊太夫の創始といわれ,その養子小堀長順によって大成された。立体の巻足を基礎とし,踏水術とも呼ばれる。…

※「小堀長順」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小堀長順の関連キーワード安部一信稲垣正武川口頼母佐藤秀周佐野政親嶋正祥関又右衛門滝信彦土岐頼香武士八十氏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone