コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小堀長順 こぼり ちょうじゅん

1件 の用語解説(小堀長順の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小堀長順 こぼり-ちょうじゅん

1700-1771 江戸時代中期の武士。
元禄(げんろく)13年生まれ。肥後熊本藩士。養父の肥後古流小堀家2代長斎に茶法をまなび,3代をつぐ。藩の茶道方をつとめ,「茗理(みょうり)正伝」をあらわす。また実父村岡伊太夫に泳ぎをならい,宝暦6年(1756)日本最古の水泳書「踏水訣(けつ)」などをかき,小堀流踏水術をひらいた。明和8年10月12日死去。72歳。名は常春。別号に東渓。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の小堀長順の言及

【水泳】より

…(6)水任流 17世紀中ごろ高松藩主松平頼重が今泉八太夫に命じ,水戸の技法を讃岐に合わせて改良したもので,特殊なさかさあおり足を用いる。(7)小堀流 1714年(正徳4)熊本の村岡伊太夫の創始といわれ,その養子小堀長順によって大成された。立体の巻足を基礎とし,踏水術とも呼ばれる。…

※「小堀長順」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

小堀長順の関連キーワードお蔭参り山岡浚明小野一吉小堀常春松浦静山小堀流カルロス[2世]キャラコ禁止法インド史浮世草子

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone