コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小渋湖 こしぶこ

1件 の用語解説(小渋湖の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕小渋湖(こしぶこ)


長野県南部、天竜(てんりゅう)川水系小渋川下流部にある小渋ダムによってできた人造湖。小渋ダムは、1969年(昭和44)完成の、洪水調節・発電・灌漑(かんがい)などに利用されるダムで、アーチ式コンクリートダム(堤高105m、堤長293.3m、面積1.7km2、総貯水容量5800万m3)。北岸に小渋温泉がわき、上流に伊那(いな)山地が浸食された小渋峡がある。新緑・紅葉の名所。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小渋湖の関連キーワード天竜天竜奥三河国定公園天竜峡天竜八部衆天竜区天竜市天竜三郎天竜[村]中川[村]

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone