コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小渋湖 こしぶこ

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕小渋湖(こしぶこ)


長野県南部、天竜(てんりゅう)川水系小渋川下流部にある小渋ダムによってできた人造湖。小渋ダムは、1969年(昭和44)完成の、洪水調節・発電・灌漑(かんがい)などに利用されるダムで、アーチ式コンクリートダム(堤高105m、堤長293.3m、面積1.7km2、総貯水容量5800万m3)。北岸に小渋温泉がわき、上流に伊那(いな)山地が浸食された小渋峡がある。新緑・紅葉の名所。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone