コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾崎咢堂 おざき がくどう

美術人名辞典の解説

尾崎咢堂

政党政治家。神奈川県生。名は行雄、咢堂は号。明治23年より昭和27年まで衆議院議員連続二十五回当選。「新潟新聞」主筆を振り出しに、第二次大隈内閣文相・第二次大隈内閣法相等を歴任。「憲政の神様」と謳われる。昭和29年(1954)歿、95才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

世界大百科事典内の尾崎咢堂の言及

【尾崎行雄】より

…60年,その憲政に対する貢献をたたえ,尾崎記念館(現在は衆議院憲政記念館)が国会前に建設された。《尾崎咢堂全集》全12巻(1955‐56)がある。【松尾 尊兊】。…

※「尾崎咢堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

尾崎咢堂の関連キーワード神奈川県相模原市緑区又野神奈川県相模原市緑区三重県伊勢市川端町川崎 安之助相模原(市)鈴木 正吾川崎 秀二尾崎 行雄赤堀信平尾崎行雄鈴木正吾犬養木堂津久井海鹿島

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尾崎咢堂の関連情報