コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾張丘陵 おわりきゅうりょう

世界大百科事典内の尾張丘陵の言及

【濃尾平野】より

木曾川長良川揖斐(いび)川の3河川により形成され,東西約40km,南北約45km,面積約1800km2に及ぶ。東は美濃三河高原の南西につづく尾張丘陵と尾張山地,北は両白山地,西は傾動状地塊の養老・伊吹両山地の東側急斜面によって限られ,南は伊勢湾に臨む。木曾川をはさんで尾張国と美濃国に分かれるため,東を尾張平野,西を美濃平野または西濃平野ともよぶ。…

※「尾張丘陵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

尾張丘陵の関連キーワード猿投山古窯跡群尾張旭[市]長久手[町]春日井[市]尾張旭(市)犬山(市)三好[町]愛知(県)日進[市]東郷[町]豊明[市]瑞穂[区]知多半島濃尾平野愛知用水長久手市東郷町天白区長久手豊明市

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android