コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾部坂 おべさか

世界大百科事典内の尾部坂の言及

【間の山節】より

…近世の民間の門付芸(かどづけげい)としてうたわれた唄。〈間の山〉は伊勢の内宮と外宮の間にある尾部坂(おべざか)という坂道のことで,往時ささらをすりながらあわれな唄をうたって喜捨を請う女芸人がいたと伝えており,お杉・お玉という2人の美人が,客の投銭を撥(ばち)で受けとめる芸をしたという。おそらく《間の山節》をうたって歩いた門付の女芸人の姿の印象がお杉・お玉という固有名詞をもつ人物を生み出したのであろう。…

※「尾部坂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

尾部坂の関連キーワード間の山節

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android