コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山中信天翁 やまなか しんてんおう

美術人名辞典の解説

山中信天翁

幕末・維新志士・詩人。三河生。名は献、字は子文、別号静逸篠崎小竹斎藤拙堂に師事。詩文をよくし、また書画も巧みにする。国事に奔走し、梁川星巌頼三樹三郎らの志士たちと交わる。維新後は石巻県知事・登米県知事等を歴任。官を辞した後は京都嵐山に隠棲した。明治18年(1885)歿、64才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

山中信天翁の関連キーワード村山半牧富岡鉄斎山中献

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android