コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山県武一郎 やまがた ぶいちろう

2件 の用語解説(山県武一郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山県武一郎 やまがた-ぶいちろう

有田村武一(ありたむら-ぶいち)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山県武一郎

没年:明治4.11.4(1871.12.15)
生年:文政7.11.15(1825.1.3)
明治初期の広島県芸備十六郡一揆の指導者。本名は森脇治政。屋号は西本屋。山県武一郎は通称。山県郡有田村(千代田町)の農民。持高は,万延1(1860)年1.378石。隣村の国学者井上頼定に学び,和歌を詠んだ。また剣術も習う。武一郎のとき家業の旅籠屋,煙草屋をやめ,寺子屋を開き,心学を教えた。明治4(1871)年8月4日,廃藩置県により旧領主の一行が東京移住のため広島城を出発しようとすると,哀訴,惜別の民衆が取り囲み,延期となった。8月9日説諭中の県官が襲撃されて新たな局面に入り,11日村役人宅が打ちこわされた。13日には県下全域に展開し,打ちこわし軒数199。県は兵力による鎮圧を行い,10月初旬に至って鎮静した。武一郎は,「御藩内十六郡百姓共」の名による嘆願書を起草したと伝えられ,一揆首謀者と目されて,梟首に処せられた。ゆえにこの一揆を武一騒動とも称している。<参考文献>名田富太郎『広島県武一騒動録』

(三宅紹宣)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山県武一郎の関連キーワード芸備線惣百姓一揆世直し一揆一向一揆の里有田村武一池田徳右衛門長浜村民五郎益田甚兵衛松平辰蔵五郡一揆

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone